calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

Vulcanus members 2010 links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.23 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ヴルカヌスプログラム

JUGEMテーマ:留学
ヴルカヌスプログラム ブルカヌスプログラム  
帰国してから1ヶ月ほど経ちました。
この1ヶ月を振り返るとぼさっとしてることが多かったですが、ようやく元の生活リズムを取り戻し、就職活動も収束へ...

参加したプログラムの総括をして終わりにしたいと思います。

◆ヴルカヌスプログラムとは
理工学系の大学生を対象とした奨学金付き海外研修プログラムです。派遣先はEU加盟国のいずれかの地域になり、EU加盟国との関係強化が期待されています。また、EU加盟国の学生が日本企業で働くVulcanu in Japanというプログラムもあります。

◆奨学金
返還義務のない奨学金が渡欧前に80万円、渡欧後は6600ユーロ支給されます。(2010年度)
住む街によって生活レベルが異なるので、この金額ですべてが賄えるひともいれば、節約を余儀なくされるひともいます。

◆対象
理工系大学生、大学院生
参加している学生は、全国から集まっています。多少どこかの大学に偏りがある印象も受けますが、認知度の問題です。選考は公平に行われていると思うので、臆することはないです。
おすすめなのは大学4年次に応募することです。
学部〜修士の移行期間中なので、留学の準備に当てたり、就職活動に影響なく参加出来る時期だと思います。

◆選考方法
書類審査、GDと面接、企業とのマッチングがあります。
選考を通過していく過程で、その年度で受け入れがある企業のリストが頂けます。数社、企業とマッチングをしても上手く行かないケースは、面接を通過しても派遣されません。派遣先は、毎年受け入れ実績がある企業と新しい企業が混在していますし、行き先の国の割合も年によって異なります。行きたい企業をしっかり探しましょう!


◆余談 私のケース
フランスにある石油サービス会社の研究開発センターでソフトウェアエンジニアとして働きました。会社は、paris郊外の都市にありました。ブログでは、旅行に行った時の記事しかないので、1年間遊んでたかと思われても致し方ないですが、企業秘密なので書いてないだけです!成果物は、石油開発の現場用にリリースされたようです


◆まとめ
実務なので留学とは違った魅力、語学の習得や、海外での就労が体験出来ます。しかし、それ以上に各都市へ気軽に訪れることができたのも非常によかったと思っています。鉄道、高速バスも日本に比較すると安価ですし、LCC等の格安航空券を利用すれば国をまたいだ移動が1500円位〜可能です。
今後の留学先や企業先を見つけるのもよし、人とのつながりなど基盤を作ることも可能だと思います。

私はこのような機会に恵まれたことを非常に感謝していますし、また24人の他のメンバーとの出会いもかけがえのないものだと思っています

いろいろな思いを持った学生が参加しています。なにか熱い思いがある方は応募してみるといのではないでしょうか。


詳細はこちらから→ヴルカヌスプログラム


スポンサーサイト

  • 2011.11.23 Wednesday
  • -
  • 12:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして!突然のコメントごめんなさい!

僕は京都の大学院の修士1回生なんですが、今年ヴルカヌスプログラムに応募しようか悩んでます。
日本の就職活動は4月ではエントリーもだいたい終わってるので、就職できるか不安です。留学したい気持ちはあるのですが、やっぱりそこが不安で踏み出せません。よかったらアドバイスいただけませんか?お願いします!
  • m.kohei
  • 2011/07/07 10:02 PM

さみしいとき
あるよね
http://j3hp062.t.monju.me/j3hp062/
>m.koheiさん
すみません!今メッセージに気づきました><
今年は応募されましたか?そうですね,M1の場合就職活動の問題がクリアできれば参加しやすいと思います.ボストンキャリアフォーラムに参加する,出発前に行きたい企業の人事と連絡を取っておく等事前に用意出来ることはしておいた方がいいです.特に,合同説明会に参加したい,外資系金融やコンサルに応募したい場合はスケジュールの都合上難しいと思いますので何か対策を練った方がいいでしょう.
そのほか私が気になったのは,研究に1年間ブランクが出来ることです.

しかし,それ以上に現地での経験も普段ではなかなか得られないもので,私はいろいろなことを犠牲にしても1年間行って良かったと思っています^^
  • k_ana
  • 2011/10/02 1:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック